ますます役立てられる工夫をしてみる

ウーマシャンプーに含まれている場湯が不飽和脂肪酸をたくさん含んでおり、人間の皮脂にとても近い成分であり、浸透力が強いですから、皮膚組織に栄養を与えてくれます。そして、それによりいい髪の毛が成長するようになるのです。
また、色々な育毛サプリメントがある中、どれが選べばいいでしょうか。例えばビタミンCサプリメントは、どの商品もビタミンCを体内に取り入れる効果のもののみですが、育毛サプリメントは効果が商品により違っていて、薄毛や抜け毛の原因になっている理由とそれに対して効果がある育毛サプリメントを選ぶといったことが基本です。

薄毛にまったく統一感がない

私が薄毛で悩んでいることは、頭の薄くなっている部分にあまり統一感がないということです。薄毛をしている時点で、見てくれはなかなか悪くなっているのですが、それでも均等に薄くなっていればまだそれなりに格好はつくと思います。
しかし、私の薄毛はそうではなくて、ポチポチとあちこちが薄毛になっているため、とても不恰好に見えてしまうのです。どこから薄毛になるのかというコントロールはできないからしょうがないのですが、どこから育毛を始めたら良いのかを考えるためにも、もう少しキレイな薄毛になって欲しいと私は思っています。

参考サイト:育毛シャンプー 効果

私の育毛方法

私の育毛方法は、なんと髪を洗わないというものです。
まったく洗わないのではなく、冬場なら週に二回くらい、夏場なら週に三から四回しか洗わないようにするのです。
洗顔もそうですが、洗いすぎるとかえって肌に負担がかかってしまい、肌荒れにつながってしまいます。
髪も同じなのです。
また、日本人でハゲの人が増えたのは、シャンプーやリンスーが日本に入ってきてからだといいます。
なので、あまり洗いすぎないことが髪の毛にとっていいというわけです。
私もこの育毛方法で今では、昔生えてこなかったような場所からも毛が生えてきています。

薄毛の原因と対策立案、それに対抗する嫁

私は、まだ生えている方ですが、父方、母方の祖父、そして父ともに薄いので、遺伝的に薄くなっていくのではないかと心配しています。
そのため、数年前に育毛剤を試しましたが、効果があるのかどうかわからないまま、お金が掛かるという理由で中止しました。
また、使用していた育毛剤が、使いすぎると心臓に負荷が掛かるというものだったということも理由の一つです。
育毛剤の種類もたくさんありますが、まずは薄毛になる原因を調査しないと、自分に合った育毛方法が分からないと思い、来年の冬明けに病院に内密で原因調査をしに行こうかと考えています。
ただ、嫁からは、薄毛を気にするくらいなら、坊主にして薄くなったかどうかわからないようにすれば、問題解決するのにと言われています。
今後どのようになっていくのかは分かりませんが、これからも何らかの形で対策を施していくと思います。

いろいろ市販されていてどれにしようか悩む育毛シャンプー。めんどくさいので片っ端から試します。